信頼への取り組み

 

 

トラストホームは、山梨県市川三郷町とアメリカ・ロサンゼルスを拠点に住宅や店舗の設計・施工を行っております。

 

住宅はその土地の風土、気候に合わせてつくられることが最も重要です。

日本の気候のほとんどが、温帯気候に属し、北海道や東北では亜寒帯気候に属しています。

そして、アメリカ・ロサンゼルスの気候は地中海性気候(内陸部では砂漠気候)となっています。

 

日本には梅雨があり、冬には雪も降るため年間の降水量が多いです。

一方、アメリカ・ロサンゼルスでは日本のように雨が降り続くということがほぼありません。

湿度がなく、乾燥した気候に適した家。湿度が高く雨の多い気候に適した家。

なぜ気候に合わせた家づくりが重要なのか、それは家の寿命に大きく関係しています。

 

周りを見渡すと、築20年、30年経つ家でもほとんど変化の見られない家と、

劣化を感じざるを得ない家があります。この違いこそ家の寿命です。

何十年経過しても問題なく住むことができる家、雨漏りから様々な問題が発生する家。

建築基準を満たし、設計上問題のない家でもこのようなことが起こるのは何故でしょう。

「何年も雨が漏っていて、建てたところに見てもらっていたのですが、原因がわからなくて

直っていないのです、、、、見ていただけませんか、、、」時々このような連絡をいただきます。

こういったケースのほとんどが構造上に無理がある、または職人のずさんな工事の結果、

ということが非常に多いです。

 

家は誰が造っても同じではありません。

 

乏しい経験、知識、技術の元につくられた家は後々問題が発生します。

不確かな情報に惑わされず、正しい情報を身につけ、家族と一生住まう

大切な家づくりを、信頼できる建築士と確かな技術を持つ職人さんにお任せください。

安心して任せることの出来るトラストホームで是非家づくりをご検討ください。